四柱推命について

15CE4EF8-3BD2-47D9-8EE5-85D8ACD08B6E.jpeg

四柱推命とは

生まれた「生・年・月・日・時間」を四つの柱とし、それを基にその人が生きる運気(バイオリズム)を割り出す統計学です。その運気のパターンは181,440,000通りあり、自分と同じ運が巡って来る人は4,977,095年に一度と言われています。

古くは中国の隋・唐の皇帝が天下を治める為に、攻めや守りの時期など、国を動かす大事な判断をする際に使用されていたもので、その的中率は98%といわれる、門外不出の国家機密レベルの鑑定法でした。

運気には宿命と運命があり、宿命は親を選べないなと同じで帰られませんが、運命は変えて行く事が出来ます。

同性で生年月日が同じ人の運気は同じですが、凶運の時に行動した人と、吉運の時に行動した人とでは、運気には大きな差が出ます。

人は誰でも幸せになれます。

運命はいつでも変えられるのです。

四柱推命とは、自分の運気を知り、より良く生きて行く為に生み出された占術です。